無一文からのドリーム

今の、YouTubeの第一線を走っている人の考えていることって本になったりなかなかしないので買って読んでみました。かなり参考になりました。

本はコチラから

読んだ内容は自分のアウトプットとして書いておきます、後感じたことなんかも書いていければと思っております。

幸せを感じるのは自分が成長していると実感出来る一瞬。

限られた時間内で容量良く、次に何をするのかきちんと頭の中で組み立てること。

努力で出来ない仕事は無い。

どんな業種でも、仕事は本気でやり切れるかどうかで結果が大きく違ってくる。

人生は一度っきり。

試行錯誤の繰り返し

ここまで読んでいても同じことなんですよね、小さなことの積み重ねを重ね続けていくということ、そして努力をしていく、努力でできない仕事はない、という何をするにしてもやるしか無い、それも試行錯誤を繰り返しながらドンドンやり続けていくことだというのがトップのYouTubeの人としても同じことを考えながらやり続けている人なんだなと感じました。ただこの人のYouTube見たこと無いんですよね。それでも参考になることだらけです。自分の進んでいる方向性がYouTube的に合っているのか間違っているのかとかの判断基準って欲しくなるものでして、それが少し垣間見れた気がします。

youtubeとしてのアイコンを視聴者に植え付けられる。

youtubeには、コアなファンや視聴者がいること。ウケる動画を作るには受け手の趣向や好みをきっちり解析していくこと。

youtubeは必要なのは自分の時間とアイデアだけということがよくわかりました。というのもコアなファンがYouTubeにはとてもいるんですよね、そうでないとこんな悶絶整体みたいなマニアックなコアな店の整体動画が何万回も見られたりしないですよ。ただ、受ける動画を作ってないのが私の足らなかったところなんでしょう、もう少しウケる動画を作成していきたいのだけれ研究が少し足らないですよねコアなファンが何を見たがっているのか、、、ウケる動画の研究をもう少ししていこうと思いました。趣味や好み、もっと踏み込んで考えてみるか。

何か数字が跳ね上がるきっかけさえ訪れれば、そのタイミングで一気にブレイクする。どのyoutubeもそういうパターンで大ブレークしていたし、それまで辛抱強く継続することが大切。

コンテンツの企画内容と、ターゲットを、強く意識して分析して戦略的に動画作りを徹底していった

何故伸びなかったのか、どうして伸びたのか日々分析していかないとそのうち飽きられてしまう

数字が跳ね上がるきっかけまでは辛抱強く継続していくことがやっぱり必要ということですね、、継続はやっぱり力なんですよね〜。。。そしてどうして伸びたのか、企画の内容など日々分析してい行かないと飽きられてしまうということがリアルにあるのだということがよく分かった。そろそろ分析とか苦手ですけれどもよく見られている動画をチェックしていくことから開始していきますか。といっても悶絶整体のよく見られる動画ってある程度分かっているんですよ、モデルさんの反応の良さとかサムネイル画像や、タイトルの文字の使い方、掲載文の文字の書き方なんかも気をつけていかないといかないな。。。

1人では出来なくなり複数人でチームで動くことで動画の表現や切り口を進化させ、世の中の流行や話題を独自にアレンジして、独自のオリジナルカラーを、出すようにトライアルを続けた。

これに関しては、マサトにも動画を作ってもらうようになってきたので動画の表現や新しいやり方なんかもできて来ていると思う。世の中の流行をや話題を独自にアレンジして独自のオリジナルカラーが出せているかというところは、まだ勉強が足りないような気がすると思わされた、そこまでハマりきっていない真剣になりきれていない自分がいるんだということに気が付かされた気がするが、そこはやり続ける、やれば楽しいんだから面倒くさいけどやることだなっと、自分の中の面倒くさいに胴打ち勝つのかという内面的な問題ってことに気が付かされた。

うまく行きかけた時こそ思わぬ落とし穴はあるし、その逆境を乗り越える手段も必ず存在する。

起きてしまったアクシデントに対してあれこれ言うより、次にどう行動を起こすかを、最優先すべきということ。

この方は、アカウントが凍結されてしまったので、その逆境をどうこういうよりも次にどう行動をを起こすのかという視点に立って活動されているということが非常に参考になる。最優先にすべきことをやり続けるということが非常にウエイトを締めているのだなっと、逆境を乗り越えるには私も色々経験してきているのですが、うまくいきかけたときの思わぬ落とし穴の意味もよく分かるし、その逆境を乗り越える手段も必ず存在するということは身を持って体験しているのでとても良くわかる。

向いていない企業案件でも創意工夫してトライする。絶対に不可能はないという姿勢で取り込むこと。

自分には向いていないような仕事でだったり、しても何かしらどうしてでも不可能は無いという姿勢で取り組むという考え方ってこの前に読んだホリエモンの本と同じことを使う単語は違うけれども伝えている。俺の世界だから何でもできるんだって言っていたけれども、絶対に不可能は無いんだということでは同じ様に考えている。思考は現実化するというけれども。私ももっと不可能は無いと全力で取り組んでみよう。興味を持ったことに関してドンドンやり続けていくことだな。とりあえずは、YouTube動画更新と、オンラインサロン、顔ヨガ、初めの第一歩をあるきだすことそして、トライすること。

タイトルとサムネイルが重要になってくる。

YouTubeを更新していて思うのがホントにこれでサムネイル画像とタイトルが少し違うだけで見られるか、見られないかが本当にハッキリ別れてくる。悶絶整体のチャンネル登録してくれている人は結構な確率で整体動画をチェックしてくれるのだけれどもそうでない場合は全く見られない。それで良いと思いながらやっているから良いのだけれども、何でもやってみることだな、そしてタイトルとサムネイル画像などを考える時間をこれからは増やしていこうかとおもっております。動画編集はマサトもやってくれるようになるので、解析ソフト使ってみよう。

己を知るという言葉があるけれど、なかなかコレが難しい

自分が思っている自分と、他人が思っている自分というのは絶対的に違う。だからこそ他人が思ってある自分という裏側を知れば自分が知らなかった能力を引きだせる。

己を知るというのは本当に難しくて他人が思っている自分と自分が思っている自分とは全く違うんですよね。。だいぶ近づけれるようになってきているはずですがまだ40代になってもまだ乖離している場所もある。能力を引き出せれる様になりたいもっと、私には力がありなんだってできる、そう動画も編集もできるから飽きちゃう、そうなんです思い出したやりだしたら、ある程度出来るのでそのあたりで飽きちゃうからハマりきっていないから飽き性に思われるのだけれども80%ぐらい出来るようになったらだれちゃうんですよね。。。まだYouTubeは続いている方なんだけれども、面倒くさいという言い訳で逃げている自分が嫌だし好きではないので、、もう少し動画の編集にも発信していくということにも面倒くさいと感じているオンラインサロンにも手を出していこう。

出来ないは許されないという厳しい掟?

出来ないは許されない環境って悶絶整体でやっていても常につきまとっている問題だ、指が痛いから押すことが出来ないなんて言わないし、誰にとっても同じ力加減で押さえていくということを自分に課しているのだから、それをYouTubeやオンラインサロン、顔ヨガなど興味を持っていることにも同じ感覚で向き合っていこう。出来ないは許されない、出来ないじゃなくて、やりたくないって思う気持ちでその気持を乗り越えて出来ないは許されないって自分に打ち勝って行こうって思えた。

参考になったところたくさんあった本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

2000年より奈良にて痛みコリ専門 奈良でみつのぶカイロプラクティックを開業いたしました。お客様の求めるものを提供していたら、、強押し、強揉み専門店にww 強押し、強揉み、悶絶整体師として2019年からは南森町に移転しながらやってます。