うまく行ったやり方から捨てなさい。

読書感想文だよ〜

うまくいったやり方から捨てなさい。を読んで気になったところの抜粋と記録です。アウトプットの練習として載せておきます。

うまく行く人は、『軽々と楽しそうに捨てられる人』自分をいまいるステージに連れてきてくれた考え方やスキルが、(もっと高い、別の目的地』に、連れて行ってくれることはない。

「コレって、確かにそのとおりなんですよね、今の現状に連れてきてくれたのは今までの結果なのですが、今よりも成長することや、進化するには同じ方法では駄目なんです。

レベルが10になったのに、スライムばっかり倒していても経験値もらえないでしょ?

いくら同じ方法では成長できないよってことに読み替えることができたんですよね。

レベルが上がるごとにモンスターの狩場は変わるし、出来事も複雑に今までやってこなかったことをしないといけない。出来ないことを出来るようになるという目的は同じなんだけれども手段が変わってくる」

お金も仕事も人間関係も、ストレスなく心地よく生きている人の特徴って、『捨てられる人』

「仕事柄、いろいろな方のお悩み相談やストレスフルに生きている方のお話聞いているのだけれどもこれなんですよね、捨てられない人が、ストレスフルに行きてる人の特徴です。僕なんかは離婚も二回もしてるし死にかけているしどちらかというと捨てられる人になってこれているのだと思います。今を生きると楽に生きられる、アリとキリギリスのキリギリスのように生きることだね。」

ステージを変えてしまう成長をしたいと時必要なのは、なるべく身軽であること。〇〇出なきゃ、という固定観念や〇〇はこうだ、というジャッジを自分のお荷物にしないこと。

「この身軽であることも注意しておかないと、自分の思い込みや習慣で行きているとこうしなきゃいけないという固定観念に捕われてしまって身動きが出来なくなる、自分のジャッジって今までの積み上げられてきた価値観なので、新しいものにチャレンジしなければどうしようもないよ、服装ですら季節が変われば変わるんだから自分の中のナニカの変化を怖がっても仕方ない。最近で思い知らさられたことは、東京には新幹線しか行き方ないんじゃないの?だった、夜行バスもあれば、飛行機もあるし、鈍行電車でも、自家用車ですらあるんですから、自分の思い込みに支配されないって意外と難しかったりする。だから【自分を疑え】っていうアーティストがいてたりするんだろうな、その思い込みって本当に正しいのって。」

『あと一年後に死ぬってわかっていたら今の仕事、続ける?』

「映画、『湯を沸かすほどの熱い愛』見てみるとそんな事は思わなくなるだろう。僕も何十年後のことを思い描いて震えるぐらい恐れているのであれば、今必死でやりたいことやるぐらいしか出来ない、悔いを残して死にたくないからね。あと一年後に死ぬって言われて僕は今の仕事を続けない、新しいことにチャレンジして新しい方法を導き出しますよ。今はYouTube、そしてネット上でのサロン、など場所を変えることができるからね。」

人生を変えたいなら、ステージに合わせて思い切って古いやり方や考え、持っているものを捨てて、今まで自分が知らないやり方や考え、手法を取り入れる事。

『あたらしい事ってのは、自分の知らないこと=おもしろいこと=わくわくすること。新作のパフェがあったら食べたくなるじゃん、季節限定の限定日本酒とかね、新しい方法ってのも同じようなもの』

「こだわりながら、こだわりを捨てる、こだわり過ぎたら知ったら楽しすぎるかもしれないのに知らずに死んじゃうんだよ?ただ手法を手に入れるだけ。ちなみにミニマリストってのを真似するようになったら人生変わったもの、手ぶらで旅行すら行けるし、人生変わる」

『もったいないもの』は真っ先に捨てなさい。本当に大切なものに対して『もったいない』とは言わないからね。スパークジョイ「ときめき」だよね。

「これ、もったいないもの、以外は捨てていいと思う、他には使うかもしれない、いつか必要かもしれない。なんて感情も一緒で。人でもモノでも手放したら新しい出会いも、出てくるし」

『行き過ぎている人達には家もってなってるんですけどまだそこの粋までいけていないのは、、まだスパークジョイ、ときめきが待っているんだね。まだまだ進化できるのがわかる』

完璧主義は絶対にうまくいかない。

『これすごくわかる、人生ですら完璧に過ごせないのに完璧に何でもこなせるわけがない、与えられた時間内で最高の結果を求めることにしています。それいこうは考えない。過去を考えても仕方ないし、そのときは最高の選択だったしね。それで今があるんだもの、今を楽しもう。完璧求めずにね』

収入≒労働時間であり。お金は誰かを喜ばせた対価、みつのぶが世の中に与えている価値であり。みつのぶが人々から感謝された量。時間を売るのではなく、自分自身の価値を売る事。お金をいただくのは、世の中に感謝された印。

「これ、あなたはを『みつのぶって固有名詞にしてますが』よくやる自分自身に語るやりかたですのできにしないこと恥ずかしい(笑)」

『ここが今のみつのぶの価値観を窮屈にしていると感じる場所です。というのも自分が施術をしなければいけない、と思い続けているところがあるから、人には出来ないって思い続けているのだけれども、完璧主義をやめて教えた人が70点でも60点でも平均点でこなしてくれたらいいやと思えるよう考えて行けば、変化できる場所』

『やはり、人が教えるようなキレイには教えれないけれども自分らしい教え方を動画撮影して弟子を増やしていこう。そして価値観をドンドン出していけば勝手に喜んでくれる人が増えるし、うまいこといくだろう』

『実感として面白半分でやりだしたYouTubeがいつの間にかかなり有益な広告手段として機能しているんだもの、自分らしい整体セミナーをYouTubeで撮影しだして価値を提供しておけば増えていく。』

人生はカンニングOK、結果を出している人に教えてもらえ。人の能力なんてほとんど差はない。ただ、どこのにフォーカスしているかで得る結果は全然違ってくる。

『カンニングしても自分ができないことは、人に任せちゃう、自分がやっていて楽しいことにしかフォーカスを当てないことを忠実に守ることが結果出てくる。悶絶整体にしてから一点にフォーカス集中させたら結果変わってきたもの。人がやっていないことに面舵いっぱいだな』

『成功』や『結果』を求めようとするときには『何をやるべきか』を考える。一方で『自分とはなんぞや』とか『幸せ』を求めようとするときには『やらないこと』を決めること。

『何をやるべきかは、これはYouTubeをやっていくこと(自分の考えていることを話して同じ考え方してる人を見つけていくこと)に面舵いっぱい振り切ることだね、そのうちリアルセミナーも開いてみてもいいけれども、名前覚えきれないから無理かもね。やるとしても少人数制は決まりだな』

『営業時間でも、自分のやりたいことが出てきたらそれをやる、どんな事言われても、予約取りたいとかいわれてもやっちゃう、ただ昔から来られている人達は大切にしていきます。これだけ守れば幸せになれる。旅行もしたいし、いろいろ経験もしたい。』

スキルアップは逃げ

「僕に関して言えば、教える技術が、低いからもう少したってから教え方がうまくなってからやらなきゃと逃げていました。自分なりにやってみて、受けたい人だけ来てくれて、教えて欲しい人だけに教えていけば良いんじゃないの?

他の人みたいな教え方が出来ないんだから、自分らしく教えたら良いんだよね。

よし、やっぱりyoutubeで技術公開して、教えて欲しい人のページ作ろう。仕組み作りは好きだから、お金も取れるだけ取れば良い、どれくらいが適正かなんて考えなくても着たい人、習いたく無い人なんて来なければ良いし、そもそも来ないんだから。ほら、おんなじことの繰り返しになってきている、コレが僕の考えだよね。繰り返していけば、嫌でも調べるしうまくもなる」

ビジネスは『何を提供するか』ではなく『誰が提供するか』でほぼ決まる。「私らしさ」が手段になる。自分らしく生きる人は「人の話を聞かない」

「よく行く店で、あの人のあれを食べたいって思ったときにその人が作ってくれないと寂しい思いするものね。でも反面、その人が話をしているのを毎日のようにチェックしていると、その人が紹介してくれた本やら考え方を取り入れてみたり、しちゃっている。僕が提供出来るもので、誰にでも届くというのは好きなものや、感じたことなどをUPしていくこと、感じたままにねだって、人に紹介されて面白いか面白くないかは自分で経験してみないと自分らしい言葉にならないから」

『人の話を聞く聞かないよりも、価値観をしっかり持っているということ、自分の中でコレは好きだけどあなたはコレが好きなんですねという価値観、僕が美味しい楽しいとめちゃくちゃ感じているのに人からそれはまずいでしょう、美味しくないです、騙されてるんじゃないですか?不健康ですよとかいわれちゃっても関係ない、あなたの価値観をモラルを押し付けるな。僕は好きなんだジャンクなお菓子や料理が(笑)』

人に頼って出来ないことをやってもらう。

「電車の手配や宿の手配を、人に任せてしまうのと、

経理の仕事を任せてしまうこと。が頭から出てきた。特に経理系だな。。。」

みつのぶのサービスも、みつのぶ自身もみつのぶが欠点だと思っているところが、1番の『ウリ』で最大の『魅力』になるものです。

「バツ2で、女遊びが好きで、Instagramは酒ばかり、旅行も、仕事もほとんどしないくせに行きまくって、自分の時間しか大切にしない。家に帰ってしまったら、お客様でも断るし。そのくせ、悶絶整体って言っていたい整体しかしない。その突きつけた整体が話題になって遠方からお客さんも来るんだし、たとえYouTubeみた人がこの人変態だなとか、変わっていると評価してもそれが魅力になるんだからなんておもしろいことなんでしょう。よし、魅力しかなくなってきた」

自分は何に幸せを感じるのか?自分は何を達成しようとしているのか?自分は、自分を何者として定義しているのか?

「これね、最近読んでる本や、僕が勝手にメンターだと思っている人からもいわれたの。何に幸せを感じるのか?ってね、だからまず東京に行ってみてという逃げることをやめてみてこうして書き出してみている。」

「幸せだと感じることを書き連ねていこう、こうして文章を書いているときも楽しい、本を読んでその世界観にハマっているのも楽しい、映画も見るのも好き、お酒を味わってバカな話をしてデロデロに酔っ払うのも好き、人と話すのも好き、Hするのも好き、スーパー銭湯は好きだし、雑誌読んでるときも好きだな、新しい音楽を聞いてるときも好き、最近は美術館で美術品を見るのも好き、美術品にはだんだんコレが好きかもっていう範囲が見えてきたかもしれない。楽しい飲み友達と飲み合うのも大好き。旅行に行くのも好き、綺麗な景色を見るのも好き、自然を見るのが好き、山を登るのも好き、なんでなんだろう、半端ない達成感があるからと、綺麗な景色を見ることが出来るから。」

「何を達成しようとしているのだろうか?昔はこの人と結婚してやると思ったら結婚したし、富士山に登りたいと思えば登ったし、お店をやりたいと思ったらお店を作っていま20年目だし、エベレストも登りたいと思えばエベレストベースキャンプにも行くことが出来た。神聖な場所に行きたいと思えば、大神神社と関係を深めることが出来た。面白おかしく生きようと旅行ばかりの生活をしようと思えば叶える事ができた。今やりたいことは、ヨーロッパを2週間まわることはもうじきやることだし、、そうだね、YouTubeのチャンネル登録を1000名まで増やすことかな?そして整体セミナーをYouTubeで撮影していくことで、習ってみたいという人をそうだな、、10人ぐらいにリアルに会っておしえること。仲良くなったらHな関係になれたらうれしいけれども(笑)僕のほうがめんどくさくなるかもまぁ冗談半分で書いておこう。先はわからない、宮崎あおいとか、齋藤飛鳥みたいな子が来るかもしれないしね(笑)」

自分に降参しよう。「自分が思っているダメでどうしようもない自分」がいると同時に、そこには「自分がダメではないと気づいたら、何でも達成してしまう偉大な自分」が、必ずいるのです。その両方に降参して「私は私だ」と自覚するとあらゆることが変化していきます。自分以外の人になろうとするのをやめて、自分でおることを受け入れて許すこと。とりあえず『自分に価値があることにしておく』こと。みつのぶの魅力を受け入れる。みつのぶの価値を受け入れる。みつのぶの素晴らしさに降参する。みつのぶには魅力があると認めて、きちんとそれを世の中に発揮していく。それはみつのぶ自身に対して果たすべき『責任』なのです。

「これは最近できるようになってきた受け入れることができている、どんな状況でもどんな自分も受け入れるし魅力があるんだってことにしてるし、価値があるんだって思いこむようにしている。素晴らしすぎて仕方ないっていう気持ちも昔からあったから自画自賛しまくっている、たまに他人と比較しちゃうときも出てくるけれども自分らしく行きているなと感じているね、どんな状況であっても、今を、いまを楽しみ駄目でもその時のダメさを楽しむようにしている。それしかないもんね。お金ないって思っても出来ることしか出来ないんだから、やりたいことをやるだけ。たまに逃げ出そうとしちゃうんだけれども、どうやら僕には素晴らしい監視システムが働いているようで、たまにこんな事をしようと思うんですよね、って、この10年で初めて話してみたら、『深山の桜』の話が出てきて。。おおおぅうって思ってたら、こうやって本を沢山読み出して、自分を見直して、本当にやりたいことってなんだい?よく考えてご覧って指導されてる。コレって最高に面白いよね。楽しむしかない。そうしたら自分らしく生きるには、自分らしさを捨てない自分らしさから逃げないっていうことになるんだけれども、好きなことしか出来ないし、やりたくないって突っ切っていくしかないんだよね。カッコつけようとすると引き戻されるんだから、自分らしく泥臭く恥ずかしさ出しまくっていけばそれが魅力ってやつになるんだとおもうよ、なので、自分らしく完璧主義を求めずやりたいだけ自分らしく生きてこうやって恥ずかしさを垂れ流して行きていこうと思っています。」

『あと、頑固になりすぎると見ていて嫌になるので他人のふり見て我がふりを治す。手放すと怖いものほど手放していけれるようになれるね、あの人見ていたら、これだけは手放そう、柔軟な思考法を取り入れるぐあい師ぐあいわるしだな、今日の言葉だと臨機応変に優柔不断に』

嫌だはNo  怖いはGoで判断する。

『嫌だは絶対にしない、出来ないなやりたくないんだものこれかなりワガママなんだど自分がワガママになるぶん、それ以外のときにはしっかり対応していけばいいってことだと思うんです。人がワガママだったらそうなんですね、わかりましたってね、少し道がズレたけど僕の理解はそんなもの。怖いってのは興味ありすぎるけど怖いからやりたくないんだよね、最近はコレ出来るようになってきた、怖くて気になっていたお店にはいることとか、怖いけど声をかけてみることとか怖いけど恥ずかしいけど、やってみたこととか、頭の中からドーパミンがドピャー〰ーって放出されちゃうんですよ、初めてオナニーしたあの感触をもう一度、リアル新しい刺激だよね。まだドキドキ出来ることが沢山あるから、オナニーネタがドンドン見つかる、怖いから、恥かしいから、みっともないから、プライドが許さないから、嫌われたときが怖いからとかとりあえずGOですね。まだ図々しくGO出来てないことが何個か思いつきました、恥ずかしいからいつも行っているお店の女の子と話すこととか、酔ってないととか、その辺が新しいオナニーネタだなワクワクキタコレ!!』

怖い=楽しんでいる

『怖いから、ドキドキするし、ドキドキは眠っているってこうやって言語化していると見えてくるね。ワクワクする事が見つからないって感じてたからお酒飲む量が増えてしまってたりしてたんだな、僕は気になった人に断られることに怖さを持っていたんだけれども、そこが実は楽しい入り口だったのか。。。結果がどうなるであれやってみますか。なんで最近出来てなかったんだろう、そうか自分を見失っていたんだな。怖い、恥ずかしい、みっともない、あとがどうなるかとか、っていうのはやっちゃう。特に女の子系とYouTubeにね出来ていなかったですy。』

『そうだ、いままでもそうだったよ、名前覚えきれないからとかいいながら覚える気がないけれども相手にはしっかりと覚えられちゃってこっちが名前を覚えてなくても楽しそうに話をしたくてしたくてみたいなことってたくさんあったよ、反対もあったしそれは合わなかった人なんだからしかたない、そういう人ほど名前を覚えちゃうのなんでだろう?まぁいいや、覚えることが出来ないんだけれども話した内容は覚えてるんだよね、特にお酒の席でゼリがーねとかさくだらない話ほどあの人、映像で覚えているあの人と話したなって覚えている。』

人はアウトプットした分しかインプット出来ない。自分がどう感じたのか?自分はどう思ったのか?自分は嬉しかったのか?自分は悲しかったのか?などの感覚や気持ちを、きちんと言葉にして発信していると、自分の感覚がどうだったのかを自動的に振り返ることで、『自分自身の感度』がグッとあがる。理由があると、結果に大きく影響する。

『まさしく今回のコレがどう感じたか、どう思ったか嬉しかったことはどれか、悲しかったことはとか赤裸々に書き連ねているよね。悲しかったことはやっぱりさっきも書いたけど、『湯を沸かすほどの熱い愛』だな、自分のこと以上に他人に尽くすことが僕には出来ないんだろうとも感じた、仕事ではやりきれるだろうけれども家族には出来ないのかもしれないだから2回も離婚しているし、ミニマリストっていながら、結婚して思ったことは僕が独占欲が強すぎるってことだったもんな相手が思い通りに動いてくれないと嫌になっていた。。。いまは離婚したからよく分かる付かず離れずの関係性だと独占欲が出てこない、またヴォルデモート卿ではないけれどもみていて悲しくなるような独占欲を見せつけられているので最近、あの状態に魂を戻したくない。コレはハッキリ感じる。独占欲や、感情といわれるものに作用されながら言いなりにならないように行きていきます。これってまるで仏教の考え方だよね、生まれてこの方キリスト教の教えで育ってきたのに、大神神社にいろいろ教えていただいていたのに、ブッダがいうような感覚。ぐあいよしわる師で行きていこうとするのがぼくのやりたいことなんだもの。もし輪廻転生があるのであれば、今回で終わりだわ何となく感じる。そのために僕の生き方を綴って人に与えられる価値を提供しつづけていかなければいけないんだなってことが、やりたいことなんだろうね。自分らしくぐあいよくてもぐあいわるくても』

自分が空気を吸うように出来ることは、1番の収入現になること。何ですね。

『これだけぐらいわるいぐらい、自分のこと書いていけば一番の収入源になるとか来られると、出来レース見てるとしか思えないよね。。。やばい。。。空気きを吸うように思いついたことを書き続けていけば一番の収入源になるって引用の文章が出てくるとかヤバすぎでしょう、だから面白いのさ僕の人生は、こんだけ思いついたことしか書いたりやりたいことしかやってないくても何とかなるもんだよ?人から見たら失敗はいっぱいしているのだろうけれども、それを失敗と思わずに楽しことって思ってたらいいのかもしれないね、え、そんなことまでってことまで体験しているけれども、きっと死ぬ以外はかすり傷にもならないんだとおもうよ。』

『僕は、人を精神的にも肉体的にもいじめること、助けを求めているのに聞かないふりをするし、その後にどうなるかも知っているからやり切れるし、提供しきれる。話を聞くのが得意らしい、同調するのも得意と言われた。これが僕の空気を吸うように出来ることだしコレ以外できないね、これらを高めるんじゃなくて深めてみつのぶらしさを輝かせていきながら表現していくのがやりたいことなんだ。逃げずにね』

ここまで書き続けてみて

『ここまで自分の気持ち悪い感情を文章にしてから一日おいてから読み返してみたらしっかりかけているのでダラダラしているのは仕方ないとして恥ずかしいけれどもみつのぶの考えなのでアウトプットして載せておきます。』

問い合わせはコチラ

携帯は 09045607778

奈良店の予約はこちら

LINE@はこちら

南森町の予約はこちら

コチラもよろしく

全国出張も開始しました。詳しくはコチラ

Google Mapの評価や口コミ記入おねがいしますコチラ

悶絶整体みつのぶYouTubeはコチラ

Instagramはお酒や旅行載せてます。コチラ

みつのぶカイロのFacebookページはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2000年より奈良にて痛みコリ専門 奈良でみつのぶカイロプラクティックを開業いたしました。お客様の求めるものを提供していたら、、強押し、強揉み専門店にww 強押し、強揉み、悶絶整体師として2019年からは南森町に移転しながらやってます。